とにかく忙しかった印象のある10月の週末。
それを振り返ってみるこのブログ。
とりあえず10/27の記事にしますが、書いたのは29日です。

朝8時に年パスの抽選があるため万博へ。
よく考えたらこの時期のデーゲームはだいたい行けてませんでした…
しかも朝8時て…仕事の日より早起き(笑)

しかし昼間は暑かった…

ガンバ大阪1-1サンフレッチェ広島

ガンバとしては内容のいい前半だったと思います。
遠藤を軸に非常にボールがよく回るサッカーを展開していたし、
守っても藤春vsミキッチのところで何度か危ない局面を作られるも、
岩下が佐藤を封じ込めるなど中央は締めてたので危うさはなく。

そして後半、遠藤もお見事な二人抜きゴールで先制!
あのゴールは鳥肌もの!

ですが…加地の負傷退場から雲行きが怪しくなってきたガンバ。
思えばここで交代枠一つ使ったのも痛かった…

71分、ガンバ選手交代二人目。
ここまで惜しいシュートを放ったり、ナイスカバーで喝さいを浴びるなど、
奮闘していた阿部に代えて大森投入。
直後73分に広島はボランチ青山に代えてFW石原を投入。

その3分後。ドフリーで受けた石原がPA内に侵入。
クロスは岩下がはじき返すも、今野のクリアがドフリーの森崎和へ。
…同点シュートを決められふりだしへ。

前半から飛ばしたガンバは中盤の運動量が落ち、
石原の投入で活性化した広島に試合を支配される。
ガンバは明神を投入しテコ入れを図るが、
二川を下げたため(この交代自体は妥当とは思うが)、
攻撃で頼れるのが家長-レアンドロのラインのみとなる。
交代で送り込まれた大森がまるで機能しなかったのも痛く、
さらに加地の負傷退場がなかったらもう一枚攻撃的な駒を切れたものを…。

結局引き分け。
9月以降ホームで勝てないなー…

首位広島相手に負けなかったこと自体は上々なはず。
がしかし、勝ち点3がほしい状況の中で。
前半くらいのいいサッカーをしていた中で。
ホームでできる試合が少ない状況の中で。
勝ち点3取れないのは痛いなぁ。

しかも大宮が勝っている。
15位との勝ち点差3は逆転するのにギリギリのラインである。

いよいよ11月残り4試合。残留への道は開けるのか。

というところに…

加地さん・゚・(ノД`;)・゚・

佐藤といい加地さんといい。さらにせっかくチャンス貰ってた木村といい。
ホント…やっぱりアカン流れなんかなぁ…。