この週末は亀岡に行ってました。
3位島根スナノオマジックを迎えての2連戦。

今日は劇的な逆転勝利でちょっと機嫌がいいです(笑)



Day1 
試合前に亀岡市バスケ協会の会長さんの御挨拶。
「島根スナノオファイターズの皆さん!」っておい!!!

さて負傷の主将#0瀬戸山に加え#21寒竹をインフルエンザで欠くハンナリーズ。
なかなかフルメンバーそろわないねー。

立ち上がりはハンナリーズが厳しいディフェンスで島根の攻撃力を封じ、
前半で確か最大8点のリードを奪います。
しかし・・・島根にじりじりと追い上げられ、
最後はブザービーターを決められてわずか1点のリードで折り返すと、
3Qに入りインサイドを島根#4デービスに制圧され、
ターンオーバーからの速攻を数多く決められ、
一気に突き放されることに(´Д⊂)
結局順位の差が出たような後半の戦いぶりで78-89での敗戦となりました。

Day2
試合前の亀岡市バスケ協会の会長さんの御挨拶。
「島根スサノオ・・・なんだっけ」
もうマジお願いしますよ!!!勘弁してください!!!!

さてお互い厳しいディフェンスで入った立ち上がりですが、
島根が#10パケットの連続3Pから昨日の勢いそのままに、
アップテンポの速い攻めを次々と繰り出しリードを広げていきます。
一方のハンナリーズは#41マーカスのインサイドと#1岡田の3Pで対抗しますが、
それ以外の選手のポイントがまるで伸びず、
(トップスコアラーの#12パルマーは前半0点…)

前半は35-45の10点ビハインド。
失点も多いしチームとして崩す形も見えてこず。
正直、「ダメだこりゃ」というハーフタイムでしたが・・・。

後半ハンナリーズはディフェンスがいきなり復調して島根の攻撃を抑えると、
じりじりと追い上げなんと3Qの間に逆転に成功!!
この展開に会場の空気も一気にヒートアップ。
京都が突き放し、島根が追い上げる息詰まる展開は、
残り1分というところで同点に。
しかし#42ジーノのシュートで勝ち越したハンナリーズに対し、
島根はここまで精度が高かったFTを1本外して追いつけず。
このままディフェンスが集中を切らさず逃げ切った京都ハンナリーズ.。゚+.(・∀・)゚+.゚
亀岡シリーズを1勝1敗で終えることができました。

あの後半の立て直しがどこから来たのかは分かりません。
ただホントに素晴らしい逆転劇でした。

そして、今日の亀岡はよく入ってた!
そしてそのお客さんが試合展開と、大挙やってきた島根ブースターの熱気に煽られ、
終盤にはホームの空気を醸し出せてたと思います。

これを続けていければいいなぁ。

ハンナリーズはこの後アウェー浜松東三河・アウェー滋賀と厳しい日程。
しかし上位進出へ負けられない戦いなので頑張ってほしい!

来週はアウェー岡崎2days参戦予定です。