ゴールデンウィークの前半三連休!
第一日は今年は年に一度の大分トリニータ関西公式戦@vsセレッソ大阪・キンチョウ



bjリーグはリーグ最終節。
今回は大阪市中央体育館に大阪エヴェッサvs琉球ゴールデンキングスを見に行きました。

e6dc6eed.jpg
写真はbtの2012-2013シーズンバイスキャプテンのSayuriさん。
今シーズンもお疲れさま!


まずはキンチョウでのセレッソvs大分。
大分はここまでリーグ戦未勝利・・・
観戦仲間と「カつぞカつぞカつぞ」と横断幕を作っての観戦。
この日はキンチョウスタジアムの改修が終わっての初ゲーム。
天気も良かったし、前座試合に手越くんが来たこともあってか、
14000人を超える観客で埋まりました。

キンチョウにこんなに入ったの見たのは、
僕はあの1994年関西学生アメフト第6節立命vs関学以来だ^^;

試合は個々の能力で上回るセレッソが、
中盤で新プリ潮がさすがのボール奪取を見せると、
パスワークに1対1でも上回りチャンスを作ります。
しかし、大分守備が諦めず体を寄せたこともあり、
フィニッシュに精度を欠きます。

一方の大分は高松・森嶋の2トップへのロングボールで攻めますが、
ロングボールを納めてもサポートが遅くてボールをつなげず、
辻尾・チェジョンハンの両WBに展開もままならず。
ロドリゴ・マンシャの2人分位走ってるんじゃないかという奮闘はあれど、
チャンスをなかなか作れません。

後半もセレッソ優位の構図は変わらず。
けどフィニッシュが決まらない構図も変わらず。
この日スタメンの杉本・枝村→エジノ・ブランコの交代で、
正直「これは無失点で終われるかも」と思いましたが、
案の定セレッソを無失点で抑えることに成功します。

が、しかし。
大分は前半途中から影が薄くなったMF西をMF永芳に代え、
ロングボールを右サイドに集め、左サイドにスペースを作って、
MF10チェジョンハンの突破力を生かす組み立てを多用。
何度かチャンスは作りましたが。。。
最大のチャンスになんとポスト・バー連続直撃ノ( ̄0 ̄;)\

結局スコアレスドローと相成りました。

内容的にはセレッソが3-0で勝ってもおかしくない内容。
それだけに大分にはラッキーな所もあったし、
選手がよく戦ってアウェーで勝ち点1もぎ取ったともいえる。
がしかし・・・
得点の匂いがしないなぁ・・・
点取らないと勝てねーぞ・・・。

-----

で、移動しての大阪vs琉球。
序盤から両チーム得点が入らない渋くて重い展開に・・・。
それでも4Qに#15マイク・ベルのダンクなどで大阪が流れを掴み、
残り1分ごろまで5点のリードを奪います。
しかし相手ファウルゲームでいただいたFTも決めきれず、
残り8秒で大阪のリードは2点。
それでも残り8秒だし…と思っていたら!
琉球#37並里のちょっと遠くからの3P炸裂(((( ;゚д゚)))
残り0.8秒で大どんてんがえしを見せた琉球の逆転勝利となりました。

大阪のホームゲームは何度か行きましたが。
バスケというよりかは元SWチアのSayuriさんの応援に行ってます。
今年はバイスでdance timeのMCも務めていて。
今年もホントにお疲れさまでした!
来年もやりたいと言っていたので、また見に行くかな!